婚活のための合コンの舞台に屋形船

増える婚活と合コン

最近は女性の方に結婚願望が強いようで、積極的に合コンに参加する女性が増えてきています。
一方で、男女ともに結婚しなくてもいいと考える人も増えるなど、考え方が多様化していることもわかります。
とはいえ、いい人がいれば結婚してもいいと考える人も多いと思われることから、合コンというものに参加してみるのも面白いのではないでしょうか。

最近では街コンと呼ばれ、飲食店の立ち並ぶ商店街を合コンの舞台にし、さまざまな店に分かれて男女が出会うというスタイルが人気です。
気の合う人や、気に入った人がいなければ、店を変わってまた新たに探すということができ、商店街にも活気がもたらされるとして開かれることが多くなっています。
おそらく、店を替わることによって食べられる料理も変わりますし、店の雰囲気から受ける影響も微妙に変化することから、どこかで意気投合できる人が見つかりそうなのが、街コンが流行っている一番の理由のようです。

雰囲気で出会いが見つかるなら

雰囲気の良いところでなら、出会いの確率が上がるというのであれば、意表を突いた場所で行うことにより、カップル成立の可能性も高まりそうです。
その意味で、屋形船などは面白いのではないでしょうか。
貸し切り船なら10~15名が定員となることが多いので、全員と話をするにはちょうどいい人数と言えます。

大型の船になると、乗り合いといって、予約なしでも空いていたら乗れるようにしていますので、もう少し多くの人数を収容できます。
できるだけたくさんの人と出会いたいという希望を持っている人なら、普段は乗り合いで使っている屋形船を、合コンの場にセッティングしたところを選ぶといいでしょう。

料理はいろいろ

おいしい料理が食べられると、自然と会話も弾みます。

貸し切りタイプの船であれば、新鮮な海の幸を船盛にした和食がメインになります。
女性にとってヘルシーな和食は大歓迎ですし、お箸の使い方はどうかなど、観察ポイントも増えてきます。

和食には日本酒が合いますので、お酌をしたり、反対にしてもらったりと、どんな気配りができる人かを見極めるにはぴったりかもしれません。
一方大型の乗り合いタイプの屋形船の場合、バイキングスタイルで料理が提供されることも多くなっています。
自分の好きなものを食べることができますが、食べることに夢中になっていたのでは、本来の趣旨から外れてしまいます。
食べるのはそこそこに、あるいはとりあえず食べ物をお皿にとってから、気になる異性にアプローチし、一緒に食べましょうと誘うのがよさそうです。

限られた空間だからこそ

海の上にでた船という限定された空間ですが、船上にはデッキ、もしくは屋上デッキがあることもあり、意気投合した人と二人きりで話すことは十分可能です。
弱い雨なら出航しますし、寒い時にはデッキに出られなかったり出たくなかったりしますが、二人きりになりたい男女には気にならないのではないでしょうか。
二人そろって船室を出ていったとなると、周りもあの二人が意気投合したなということが分かりますので、他にも狙っている人がいれば追いかけるでしょうし、そうでなければ二人きりにしてくれるでしょう。

少しくらいの雨や寒さなら、素敵な人と意気投合し、二人きりでいられることを選ぶ男女が圧倒的に多いはずです。
雨にかすむ夜景も美しいですし、寒くても空気が澄んでいれば星がきれいに見えるかもしれません。
いつもと違うシチュエーションが相手を、そして自分をも魅力的に見せてくれますので、屋形船での合コンは、婚活を考えている人なら、一度は体験しておきたいところです。

案外、運命の人は同じ船に乗り合わせているかもしれません。

Comments are closed.