訪日外国人客に最適な屋形船

訪日外国人客に最適

日本へ遊びにやってくる訪日外国人の人口が年々増加しています。
来日の理由は、日本の文化を体験したい、買い物を楽しみたいなど様々です。
数年前までは、中国人を中心に日本製品の爆買いが中心でしたが、最近では日本でしかできない体験をしたいという希望が急増しています。

地方での農業体験からスキーなど自国では体験できないことを日本で楽しんでいます。
訪日外国人客の中に最もお勧めしたいのが、屋形船です。
海外でもクルーズなど船文化がありますが、江戸時代から続く伝統的な文化です。

移動目的だけではなく、船内で食事を楽しんだり、歌や踊りを楽しむ等娯楽の面があります。
海外のクルーズとの違いは、小規模の船でプライベートの空間を楽しめることと川辺を走行するので普段見ている景色を違った見方で楽しむことができる点です。

移動をしながら景色を堪能

訪日外国人にお勧めする理由としては、移動と景色を両方楽しむことができます。

限られた日程で国内を楽しむ訪日外国人客にとって移動時間はできるだけ効率よく済ませたいところです。
でも、地方でない限り電車やバスの中で四季の景観を楽しむことができないです。
屋形船の場合は、水上での移動と景色を両方楽しめます。

船の上から眺める景色は大変美しいです。
水面から眺める景色を独り占めできますし、季節によっては美しい木々や花を愛でることもできます。

またカメラ撮影をする際は船内からだとダイナミックに撮影できるのも、魅力の1つです。

船内で日本食を楽しむ

日本の旅行での楽しみと言えば、本場の美味しい和食を食べることができます。
もちろん屋形船内でも頂くことができます。
実は、船内ではできたての和食を頂けます。

冷たいお弁当などではなく、握りたての江戸前寿司、揚げたての天ぷらなど訪日外国人が食べたい本格的な和食を堪能できるのが大きなメリットです。

屋形船でしたら、移動と景観と食事を同時に楽しむことができるので、乗船する際は船内で美味しい和食を頂いてほしいです。
料亭で食べるのも美味しいですが、船内という非日常的な空間で頂くと日本旅行での良い思い出にもなります。
また季節によっては美味しい鮮魚を使った料理や寒い季節になればコタツの中で温かい鍋料理を用意してもらえる業者もあります。
グルメな訪日外国人客に嬉しいのが、料理が強みの業者も多数あります。
予約をする際は、料理を中心に探してみると良いグルメ体験ができます。

景観が美しい季節がおすすめ

訪日外国人が乗船するのにお勧めの時期は、美しい桜と花火の季節です。
国内でも桜と花火のスポットがたくさんありますが、船内でしたら混雑を回避し、ゆっくりと船内で眺めることができます。
また川辺にある桜スポットでは、美しい桜だけではなく、風が吹くと水面へ散っていく美しい桜吹雪も鑑賞できます。

また、花火が美しい夏の季節にもお勧めです。
日本の花火大会は大勢の観客が現地へ集まるので、身動きが取れにくい状態にあります。
船内でしたら混雑を避け、食事を楽しみながら目の前で広がるダイナミックな花火を堪能できます。

景観が美しい季節に乗船すると日本を代表する文化を同時に体験できます。

船内では外国語に順応しています

訪日外国人が乗船時に一番心配するのが、日本語以外の言語に対応しているかです。
でも心配は無用です。
最も訪日外国人が集まってくる東京の屋形船では外国語が堪能なスタッフが船内にいらっしゃいますので、何かあれば安心して要望を伝えることができます。
またスタッフがいなくても、船についての説明書きやメニュー表などは基本的に英語・中国語・韓国語で表示されているので、基本的な詳細を掴むことができます。
江戸時代から続く古き良き観光船の文化を伝えることができたら、景色や料理を目的に再来日を果たしてくれます。

Comments are closed.